Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
お役立ち記事

癒しのお仕事アロマセラピスト!歯科衛生士からの転職どうなった?

 

桐谷
桐谷

こんにちは!桐谷です!

歯科衛生士歴10年以上の私ですが、実はアロマインストラクターの資格も持っています!

そして実際にリラクゼーション業界でも働いた経験があります。

 

誰でも一度は考えるであろう転職。

私が転職を考えたのは衛生士の仕事をして4年目あたりでした。

仕事にも慣れて余裕の出てきた頃でしたが、このままでいいんだろうか?

私のやりたいのは本当にこの仕事なんだろうか?と自問自答がしばらく続きました。

そしてやはり転職するなら20代の方がいいだろうと考え、以前から興味があったセラピストになる為一念発起。

さてこの転職の結末は?!

桐谷
桐谷
今日は実際に転職して体験したことをお話してみたいと思います!

アロマインストラクター養成コース受講

まずはアロマの知識がいると思いインストラクター養成コースを受講することに。

私が選んだスクールはアロマの商材でも有名なニールズヤードです。

もともとアロマ好きでニールズヤードにはアロマグッズを度々買いに行っていました。

そこでインストラクターになる為の学校があることを知り、通うことに。

3ヶ月のコースでしたが週末コースを選んだので、働きながら学べましたよ。

アロマインストラクターの資格を取る為にはまず

  1. アロマテラピー検定1級に合格
  2. AEAJ(日本アロマ環境協会)に入会
  3. アロマテラピーアドバイザーの資格取得
  4. 認定校でのアロマテラピーインストラクターの必修科目を受講
  5. アロマテラピーインストラクター試験に挑戦

という流れで進んでいきます。

インストラクター資格試験の内容はアロマの歴史解剖生理学まで幅広く出題されます。

私は記憶力のいい方ではないので、試験前はカフェなどに通い必死で詰め込みました(笑)

合格率は70~80%らしいので、真面目に勉強していれば無理なく取れる資格だと思います。

学科授業はもともと興味のあることだったので、興味深々!

今までよりさらにアロマオイルの持つ力に魅了されました。

実習ではオイルを使ってルームスプレーやバスソルト作りを学びこれまた楽しい時間。

「好きなことを学ぶのって楽しいな♪」と週末が楽しみでした。

こうして必修科目の受講を全て終え試験に挑戦。

無事インストラクター試験に合格したのです。

勉強していたことを勤務先の院長も知っていたので、合格を報告すると資格を活かしてほしいといって頂き、院内にアロマを取り入れて下さいました♪

薬品の匂いのするイメージの歯科医院でいい香りがすると患者様もホッとされるようです。

「リラックス出来るわ~」と声をかけて下さる患者様も増え、喜んで頂いていたと思います。

セラピスト養成スクール受講

インストラクターの資格を取ったあとはセラピスト養成校へ。

スクールに通わずに転職する道もあったとは思いますが、私はある程度の知識を持って就職したかったのでスクールに入学することを決めました。

ニールズヤードのスクールも考えたのですが、お金もかかることなので数校見学してから決めることに。

その中で無料体験させて頂いたバリニーズマッサージがとても気持ち良かったこと。

卒業後のフォローアップがしっかりしていること。

振替授業があることなどからUtataneyaリラクゼーションカレッジに通うことを決定。

当初は歯科医院を退職してからスクールに通うつもりでした。

しかし院長とスタッフのご好意で1週間に1回お昼休みの3時間+2時間を頂き、スクール卒業までは勤務しながら通うことに。

私が選んだのはボディリフレクソロジーを学ぶ3ヶ月コース

週に一回はお昼休み開始とともにダッシュしてスクールへ。

受講が終わればまた歯科医院に戻って勤務という今思えばなかなかのハードスケジュール。

今の年齢では出来なかったと思います(笑)

週末のお休みも全てスクールでの勉強や自主トレにあてました。

休みが無かったのでハードな毎日でしたが、スクールの雰囲気はとてもよく和やか。

クラスメートとともすぐ仲良くなれた為、苦痛に感じることなく通えました。

先生も楽しく丁寧に教えて下さる方ばかりでしたよ。

年齢層も様々で20代前半の方から40代位の主婦の方まで様々でしたが、皆さん転職開業に向けて熱心に練習される方ばかり。

私も皆さんの熱に巻き込んでもらい、最後まで頑張ることが出来ました。

こうしてハードな3ヶ月間はアッという間に過ぎ無事にスクールの卒業試験も合格!

卒業まで見守って下さった理解ある院長とスタッフには本当に感謝でしかなかったです。

この時の院長・スタッフとは今でもお付き合いが続いています♪

こうしてスクール卒業と同時に5年間お世話になった歯科医院を退職。

スクールに求人がきていたバリニーズマッサージのサロンに就職が決まりました。

他にも沢山求人はきていましたよ!

アロマセラピストデビューに向けて

サロンに入社してすぐにデビューというわけではなく、そこのお店の手技やメニューを覚える為のスクール生期間が3か月ほどあったと思います。

またまた学びの期間が続きます。

これがまた大変で・・・

ボディメニューも多いうえフェイシャルメニューもあったので、毎日必死で覚えていました。

それから接遇研修

電話応対から、カウンセリング最後のお見送りまでトレーナーさんに習います。

社会人経験もあるしある程度は出来るだろうと高をくくっていましたが、これが難しい!

でもこの経験は現在もとても役立っていて本当にいい勉強をさせて頂いたと思います。

そして約3か月後全てのメニューを社長にテストして頂き合格、無事にセラピストデビューをしたのです!

セラピストになってみて

実際にお客様に入ってみて大変だと感じたのは時間を守ること。

当たり前ですが時間通りに入り、時間通りに出てこないと次のお客様に迷惑がかかってしまうのです。

時間配分を体で覚えるまでは時間が押してしまい、最後慌ただしく出てくるなんてことも多々ありました。

お部屋をクリーンアップする為の時間は設けられていますが、繁忙期にはかなりタイトなスケジュールが組まれます。

繁忙期は世間一般の夏季・冬季・GWなどの長期休暇

あとはクリスマスバレンタインデーなどもプレゼント利用が増える為忙しかったです。

その為お客様の前ではゆったりと動いていますが、陰では走り回っている時も。

想像していた以上にハードな仕事でした。

私が客としてサロンに行っていた時のあの癒し空間はスタッフのプロ意識で守られているものなんだと実際に働いてみて初めて知ったのです。

ですが、いい経験も沢山出来ました。

女性
女性
「ありがとう!すごく気持ちよかった!」
男性
男性
「また絶対に来ます!」

こういう声は本当に嬉しかったですし、セラピストになって良かったと心から思えました。

衛生士でも「ありがとう」という声は頂けますが、「また絶対来ますね!」といって帰る方は少ない。

人に喜ばれる仕事がしたかった私は「求めていた仕事に出会えた!」と思ったのです。

でもこれは色々経験した今だから言えることですが、この言葉は歯科医院でも貰うことが出来るはずですし、貰えるようにしないといけないですよね。

ですから今私は毎日沢山の方のクリーニングをさせて頂きますが、「気持ちよかった!」

「次もお願いしますね」と言って頂けるような施術を目指しています。

そうです。

もう最初からお分かりだったかと思いますが(笑)

歯科業界に戻ってきました。

セラピストとして働いた期間は約4年。

店長も経験させて頂き、とてもやりがいのある毎日を送れました。

セラピストが嫌になったわけではありません。

辞めた一番の理由は金銭面です。

実家暮らしであれば生活出来たかと思いますが、一人暮らしだった私はゆとりのない生活にだんだんと気持ちが揺らいできたのです。

「歯科衛生士に戻ろうかな・・・」

もちろんもっと自分でスキルアップしてトレーナーになるとか、経営を学んで開業するとかお給料を上げる方法はあったと思います。

でも結局そこまで出来なかったのは、私の「好き」レベルがその他大勢いる社員の域を超えていくことが出来なかったということでしょう。

あんなに大変な思いとお金をかけて転職したのに・・・とは思いません。

桐谷
桐谷
今の歯科衛生士としてのキャリアにとっても役立っています!

結論としては転職して良かった

転職することで違う世界も見れましたし、衛生士の仕事の素晴らしさも知ることができました。

そして何よりあれだけ必死に学んだ毎日と、そこで知り合えた人たちとの繋がりが今の自分を作っていることは間違いないです。

「失敗談やん」と言われるかもしれませんが、私は成功だったと思っています!

以上が私の転職体験談です!

今転職を迷われている方のお役に立つ情報だったらいいのですが・・・

勇気はいりますが、思い切って踏み出してしまえば意外とやるべきことは見えてくるはず!

桐谷
桐谷
人生は一度きり!後悔のないように生きましょうね~♪