Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
歯周病

歯が痛い!冷たいもの温かいものにしみる知覚過敏の予防法とは?

桐谷
桐谷
皆さんこんにちは!桐谷です♪

暑い日のアイスクリーム、寒い日のお鍋など

冷たいものは冷たいうちに、温かいものは温かいうちに美味しく食べたいものですね。

みなさんは何でも我慢することなく美味しく召し上がられていますか?

今日は美味しい食事の大敵、知覚過敏についてのお話です。

知覚過敏とは?

本来覆われていないといけない歯の内側の部分(象牙質)が露出してしまうことにより、刺激が神経に伝わってしまい鋭い痛みが走ります。

「知覚過敏 無料イラスト」の画像検索結果

主に冷たいもの温かいものでしみますが歯磨きをした時に痛みが出ることもあります。

知覚過敏チェックリスト

  • 冷たい・温かい飲み物を飲むと歯がしみる
  • 冷たい空気を吸い込むと歯がしみる
  • 歯磨きをした時に特定の場所に当たると痛みが出る
  • 甘いもの・酸っぱいものに痛みを感じる
  • フロスや歯間ブラシを歯の間に通すとしみる箇所がある

いかがでしょう?

当てはまる症状はありますか?

知覚過敏は誰にでも起こりうる症状です。

成人の三人に一人は経験があるというアンケート結果もあるくらいです。

桐谷
桐谷
私も実は知覚過敏の症状がでることがあります。

電気の走るような鋭い痛み・・・

とても不快ですよね。

しかしこの不快な痛みを歯医者で相談されている方は50%未満と言われています。

女性
女性
毎日しみるわけではないんです・・・
男性
男性
このくらいで歯医者に行ってもいいのかな?
桐谷
桐谷
いいんです!その痛み放置せずに早めに相談して下さい!

そもそもなぜ知覚過敏が起こるようになったのでしょう?

その原因を探っていきます!

なぜ知覚過敏が起こるようになったのか?

先ほど歯の内側の部分が露出したからだとご説明しましたが、なぜ露出してしまったのでしょう?

考えられる原因は以下のようなことです。

  • 歯ブラシの力加減が強すぎる
  • 歯ブラシの毛先が固すぎる
  • 歯磨き粉を沢山つけていつも同じ場所から磨き始める
  • 歯肉炎で歯ぐきが腫れている
  • 歯周病の治療後にしみるようになった
  • 食いしばりや歯ぎしりでをしている
  • 甘いものもしくは酸っぱいものを毎日摂る
  • 逆流性食道炎である

いかがでしょう?

あなたに当てはまるものはありましたか?

一つでも当てはまれば知覚過敏の原因となっている可能性があります。

その原因となっている習慣を取り除くことで知覚過敏の症状を抑えることが出来るかもしれません。

知覚過敏の予防法と治療法

男性
男性
毎日歯磨き粉を沢山つけて力いっぱいゴシゴシしっかり磨いてます!
女性
女性
汚れがよく落ちる気がするから固めの歯ブラシを使ってます!

どちらも虫歯や歯周病にならないように頑張って頂いている行動ですよね。

でもこれはまさしく一番よくある知覚過敏を起こしてしまう行動です。

歯ぐきはとても繊細な組織です。

毎日ゴシゴシ磨いていると歯ぐきは薄くなり下がってきてしまう為に痛みが出ます。

あなたに合った歯磨き方法ブラシの固さ歯磨き粉を歯医者さんで選んでもらいましょう。

基本は柔らかめ~普通の固さの歯ブラシをえんぴつ持ちで握り磨きます。

グーで握ると力が入りすぎてしまうので気を付けましょう。

歯肉炎・歯周病の治療後に出る痛みに関しては一過性のことが多いです。

歯肉炎で歯ぐきが腫れていると刺激が伝わりやすく知覚過敏の症状がでることがありますが、正しい歯磨きとクリーニングで歯肉が引き締まれば痛みが落ち着きます。

歯周病の治療では歯の根の部分についた歯石を取っていきますが、歯石をとることにより今まで腫れていた歯ぐきが引き締まる為、根部が露出して痛みがでることがあるのです。

痛みが出たからといって治療を中断してしまえば、歯周病が進行して最悪の場合抜歯になることも。

治療中に痛みが出た場合、その旨を伝えて頂ければシミ止めのお薬を塗るなどの対処をしながら治療をすすめることが出来ます。

シミ止めのお薬は塗るだけなので治療もあっという間に終わりますよ。

くいしばり・歯ぎしりで歯質が薄くなりシミている方はマウスピースで予防します。

歯医者さんで行われている治療法についてはこちらもご覧下さい

⇒⇒知覚過敏の嫌な痛みから解放されたい!

甘いもの・酸っぱいものをよく取られる方・逆流性食道炎の方は常にお口の中が酸性に傾いていますので、歯が溶け出してしまいその結果シミる症状がでます。

食生活の改善や症状の改善を行うことで予防していきましょう。

最近よく言われているのが「食後すぐに歯を磨くのはよくない」

これはご飯の直後は口内が酸性に傾き、歯の表面が溶け出している為に歯ブラシをあてると歯面を傷つけてしまうから。

確かにその考えも合っていると思います。

でもお仕事をされている方や学生さんなど、お昼休みの限られている方は食後すぐにしか磨けないと思います。

時間をあけたことで磨けなくなるなら磨いた方がいいと私個人的には思います。

ただし、柔らかめの歯ブラシ低研磨もしくはジェルタイプの歯磨き粉を使って下さい。

または知覚過敏専用の歯磨き粉もオススメです。

歯科医院だけではなくドラッグストアでも手軽に手に入りますよ!

知覚過敏専用の歯磨き粉には硝酸カリウムイオンという成分が配合されていて、神経の痛みへの反応を鈍くしてくれる働きがあります。

即効性はありませんが、使用を継続して頂くことで痛みの緩和が期待できます。

いづれにしてもまずはかかりつけの歯医者さんでご自身の口腔内に合ったケアの方法を教えてもらい実践することが一番の予防です。

桐谷
桐谷
痛みの原因が知覚過敏でなく虫歯やその他の原因の場合もありますので、痛みが一時的なものであったとしても診察は受けて下さいね!

知覚過敏は若い方にも発生する症状です。

そしてその症状は一旦出てくると長年続くことが多いのです。

早めに対処して不快な痛みから解放されましょう♪

冷たいものは冷たいうちに!温かいものは温かいうちに!

我慢することなく美味しいご飯が食べられるように治療と予防をしていきましょう!