Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
虫歯

虫歯予防に効果的なガムとは?大人から子供まで虫歯菌撃退大作戦!

虫歯予防に効果的なガムとは?大人から子供まで虫歯菌撃退大作戦!
桐谷助手
桐谷助手

こんにちは、桐谷です!

今日のテーマは虫歯予防です。

最近、虫歯予防の為のガムが数多く発売されていて、CMも沢山流れていますよね。

ガムを噛むとなぜ虫歯予防になるのでしょう?

どんなガムでもよいのでしょうか?

そのあたりを掘り下げていきたいと思います。

なぜガムが虫歯予防になるのか?

虫歯予防に効果的なガムとは?大人から子供まで虫歯菌撃退大作戦!

まずひとつ目の理由としては、ガムを噛むことによって出るツバによる働きです。

ツバの中には、カルシウムやリンといった歯の再石灰化を促す成分が入っていますので溶け出してしまった歯質の補修をしてくれます。

また緩衝能といってお口の中が酸性に傾いた状態から中性に戻す働きや、浄化作用・殺菌作用など素晴らしい働きをしてくれるのです。

そしてもうひとつがガムの中に入っているキシリトールという成分による効果

桐谷助手
桐谷助手
キシリトールについては次の章で詳しく説明しますね。

どんなガムでも虫歯予防になるの?

どんなガムでも虫歯予防になるの?

答えはNOです。

虫歯予防に効果的なのはキシリトールガムです。

キシリトールとは白樺の木から抽出された天然の成分です。

このキシリトールを私たちが食べると、お口の中にいる虫歯菌が糖だと思い食べるのですが、代謝できない(消化できない)ので虫歯菌自体がだんだん弱っていく・・・という仕組みです。

桐谷助手
桐谷助手
ここで一つ注意点!

キシリトールが入っていればどんなものでもいいというわけではありません。

スーパーやコンビニなどでもよくキシリトール入りという文字は見かけますが、よく成分を見て下さい。

ショ糖などのお砂糖が一緒に入っていませんか?

せっかく虫歯予防のつもりで食べているのに、お砂糖が入っていれば効果は半減、お砂糖の量によっては逆効果にすらなりかねません。

虫歯予防に効果を出したいのであれば少なくともキシリトールの含有量が50%以上の物を選びましょう。

キシリトールと糖質の量が表示されているものであれば、少々面倒ですが割って頂くと%がでます。

そしてツバ出るの効果を最大限発揮させるためになるべく長時間噛むようにして下さい。

そういう条件を踏まえたうえで虫歯予防の為に食べるのであれば、やはりキシリトール100%と表示されているものがおすすめです。

歯科医院や薬局、ネットなどでも手に入りますよ。

いつ・どのくらい食べると効果的なの?

いつ・どのくらい食べると効果的なの?
桐谷助手
桐谷助手
キシリトール100%のガムであれば、一日三回食後に二粒づつ食べると効果的です。

キシリトール100%ガムなら歯磨き後に食べても大丈夫なので、歯磨き出来る環境ならば歯磨き後、出先などで歯磨き出来ないなら食後や間食後に噛むといいですね。

ただキシリトールは沢山とりすぎるとお腹がゆるくなることがありますので気を付けて下さい。

キシリトール100%のガムは甘みが無くなるのが早いのですが、なるべく長く噛んだ方がツバもしっかり出ますし、効果的です。

5分~15分程度噛むとよいでしょう。

キシリトールガムを噛めばすぐに虫歯菌が弱くなっていくかというとそうではありません。

毎日続けることによってだんだん弱くなっていくのです。

虫歯菌を弱らせる為には少なくとも3か月は続けましょう。

ただ3か月続けたからといって虫歯菌がいなくなるわけではないので、出来るだけ毎日とることは習慣にして頂くことをオススメします。

ガムを噛んでいれば虫歯にならないというわけではないのです!

基本の虫歯予防は歯磨きです!

桐谷助手
桐谷助手
プラスαとしてキシリトールを上手に取り入れて虫歯菌を撃退しましょう!