Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
虫歯

【恐怖】虫歯を放置するとどうなるの?虫歯と口臭の関係はある?

【恐怖】虫歯を放置するとどうなるの?虫歯と口臭の関係はある?

 

桐谷助手
桐谷助手

こんにちは!衛生士桐谷です!

今日のテーマは虫歯と口臭です。

口臭って自分ではなかなか気づきにくいものですが、他人の口臭は気になりませんか?

実は私も臭っているのでは?

なんて心配になります。

あなたのお口の中には虫歯、または虫歯治療をした歯がありますか?

虫歯と口臭の関係性はあるのでしょうか。

まずは虫歯の進行を段階を追ってみていきましょう。

虫歯の進行指標と症状・治療法

虫歯の進行指標と症状・治療法

歯科検診の時に歯医者さんがC1(シーワン)とかC2(シーツー)などと言っているのを聞いたことがあると思います。

C=カリエス つまり虫歯のことでC0からC4まで段階を分けて虫歯の進行度を表しています。

C0・・・初期虫歯です。歯の表面が溶け出してはいますが穴はまだ開いていない状態で、治療の必要はありません。適切なお掃除と定期的なフッ素塗布で進行を抑制することができます。

C1・・・歯の一番表層の部分(エナメル質)が溶かされて変色したり、小さな穴が開いてきます。まだこの時点では痛みはほとんどありません。まれに様子を見る場合もありますが、感染部位を削って詰め物で修復することが多いです。

C2・・・エナメル質の下にある象牙質まで溶かされてきています。ここまでくると明らかに穴が開いていたり、黒くなっているのではっきり虫歯だと分かります。神経にも近くなってきているので、しみる症状が出てきます。治療としては感染をおこしている組織を削り詰め物やかぶせ物をします。

C3・・・虫歯が神経まで達している状態です。強い痛みを伴い、見た目にも大きな穴が開いている状態で膿がでてくることもあります。それでも放置して放っておくと神経が死んで痛みは無くなりますが、歯がもろくなるので何かの拍子に歯が割れて修復が出来なくなることもあります。治療としては神経と感染している範囲をすべて取り除いた後、神経に代わるお薬を詰めかぶせ物をします。歯が割れてしまったり、感染をおこしている範囲が大きすぎる場合抜歯になる可能性もあります。

C4・・・穴が大きく広がり根っこの部分だけが残った状態です。痛みは無くなっていることもありますが、膿が出て口臭がきつくなったり、菌がリンパに入りこみほっぺたが腫れてきたり熱が出てきたりすることもあります。治療としては抜歯して入れ歯にするか、両隣の歯を削って連結させるブリッジ、人工の歯根を埋め込むインプラントとなります。

虫歯と口臭の関係性

虫歯と口臭の関係性

虫歯が出来るとなぜ口臭がするのでしょうか?

先ほどの虫歯の進行指標と照らし合わせながらみていきましょう。

C1~C2・・・虫歯で出来た穴の中に食べ物や虫歯菌が作り出すプラークが入り込んでしまいますが、なかなか歯ブラシでは取り除くことが出来ません。そのまま汚れを取り除けずにいると腐敗をおこし、悪臭のするガスが発生する為口臭がしてきます。

C3・・・穴はさらに大きくなっている為、汚れが非常にたまりやすくなっています。また放置していると神経が腐敗してきますので、その腐敗した神経から悪臭がすることがあります。

C3~C4・・・虫歯を放置していると、神経が腐敗し感染が根っこの先まで広がってしまうことがあります。そうなると膿がたまってきますので、この膿が悪臭の原因となります。

 

桐谷助手
桐谷助手

もうお分かりですよね。

虫歯になるとそれぞれの段階すべてで口臭の原因が作られているわけです。

治療すれば口臭は無くなるのか?

治療すれば口臭は無くなるのか?

もちろん放置している時に比べると断然少なくなります

しかし、治療をするということは人工物がお口の中に入るということです。

詰め物やかぶせ物をすればどうしても段差ができて汚れがたまりやすくなりますし、両隣の歯を削って連結させるブリッジなどが入ればなおさらお手入れが難しくなりますので口臭の原因が作られやすい状態となっています。

もちろん治療した歯が全くない方でも磨き残しがあれば口臭はしてきますが、治療なしの方に比べると口臭リスクが高まるというわけです。

口臭予防をするにはどうすれば良いのか?

口臭予防をするにはどうすれば良いのか?

まず放置している虫歯のある方はすぐに治療して下さい。

放置している虫歯はないわ!と思われている方も、かぶせ物の中や歯と歯の間の見えないところで密かに虫歯が進行していることがあります。

定期的に歯医者さんへ行き、虫歯チェックとご自身でお掃除しにくい場所のクリーニングをしてもらいましょう。

ご自宅でのケアは歯ブラシでの歯磨きはもちろんですが、糸ようじ歯間ブラシなど歯の間をお掃除する専用の道具を使ってお掃除して下さい。

歯ブラシで取れる汚れは全体の6割と言われています。

残り4割は歯の間。

そう考えると、歯ブラシだけのお掃除では不十分だということがよくわかりますよね。

必要な道具はお口の中の環境によって異なりますので、歯科医院で聞いてみましょう。

マウスリンスキシリトールガムも口臭予防には効果的ですので、あわせて使用するといいですね。

いかがでしたでしょうか?

虫歯を放置している方も治療済みの方もそれぞれ口臭の原因があることがお分かりいただけたと思います。

桐谷助手
桐谷助手
早めの受診と定期的な歯のクリーニングで清潔で健康なお口を保っていきましょう!