Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
虫歯

放置すると怖い虫歯!神経を取るってどういうこと?デメリットは?

桐谷
桐谷
こんにちは!桐谷です♪

今日は虫歯のお話です。

女性
女性
先生、歯が痛くて痛くてご飯も食べられません。

 

男性
男性

虫歯が神経まで到達してますね~!?

神経を取りましょう!

 

こんな風に言われたことありますか?

神経を取るってどういうことなんでしょう?

取ることのデメリットはあるのでしょうか?

今日はそこの辺りを詳しくご説明したいと思います。

虫歯の進行

まず最初に言っておきたいのは、神経を取る処置になるまでには段階があったということ。

ここに至るまでには時間があったはずです。

もちろん中には詰め物の中でジワジワと進行していて、見つかった時には神経まで到達していたなんてケースもあります。

しかしほとんどの場合、初期虫歯から始まり徐々に進行していきます。

初期虫歯の段階で気を付けていればそのままの状態でキープ、もしくは再石灰化も可能で治療しなくて済みます。

進行してしまったとしても、神経を取る処置までには何段階かあるのです。

虫歯の進行については別の記事に詳しく書いているので参考にして下さい。

⇒⇒本当に怖い虫歯のお話!放置するとどうなるの?

虫歯が進行すると、皆さんご存じのように歯に穴が開いていきます。

そしてその穴が神経まで到達したとき、激痛腫れが出る方もいらっしゃいます。

こうなると神経を取らざるを得ません。

神経を取るとは?

神経とは歯科用語でいう歯髄(しずい)のこと。

歯髄は歯に血液栄養成分を送ってくれている組織です。

虫歯で穴が開き、神経まで到達したのを放置していると細菌が歯髄に入り込み歯髄は腐ってしまいます。

さらにそのままにしていると今度は細菌が歯の根っこから顎の骨にまで到達してしまうことがあります。

そこで痛み感染源を除去する為に「歯髄を取る」ことが「神経を取る」処置です

どんなことをするの?

まずは感染源である虫歯を全て取り除き、歯髄を露出させます。

そしてファイルと呼ばれる専用の器具を使って歯髄を除去していきます。

これが「抜髄」(ばつずい)と呼ばれる処置です。

一度にキレイに取れればいいですがそうはいきません。

歯髄の入っている歯髄腔(しずいくう)の形はとても複雑なのです。

そこで大抵はある程度歯髄が取れたら、残った細かい歯髄を死滅させるお薬を入れて日にちを置きます。

痛みがなかなか取れない場合の多くは歯髄腔の形が複雑で、お薬がなかなか行きわたらずに神経が生きたまま残っているからです。

無事痛みが取れたら残った歯髄を取り除きながら、今度は複雑な歯髄腔の形を整えていきます。

これを根管拡大と言います。

後に神経に代わるお薬を詰めるのですが、そのお薬が詰めやすいように複雑な形を拡大して真っすぐにしていくわけです。

根管拡大をしながらお薬交換をし、内部を除菌する為のお薬交換を何度かします。

痛みが落ち着かない場合や、炎症が引かない場合、また歯髄腔の形が複雑であればあるほど回数がかかります

女性
女性
お薬交換ばかりして全然治療が進まない
男性
男性
何でこんなに回数がかかるの?

とよくご質問を受けますが、完全に無菌状態のキレイな歯髄腔を作るには時間がかかるのです。

中途半端に治療を終わらせお薬を詰めてしまっても、後に再治療が必要になることでしょう。

こうして拡大されキレイになった歯髄腔もこのまま放置すればまた感染をおこします。

そこで無菌状態を維持する為にお薬を詰めていきます

上のイラストのピンク色の部分が取った神経に代わり詰めたお薬です。

これを「根管充填」と呼びます。

神経を取った後どうするの?

感染部位が全て全て取り除かれ、歯髄腔が見えやすいように削られた歯は頭の部分が大きく無くなった状態です。

このままでは歯の形が作れませんので、まずは歯の頭をの部分を支える為の土台を作る型どりをします。

出来上がってきた土台を入れたら、上に被せる歯の形に合うよう形成し再度型どりします。

そしてようやく最終工程。

かぶせ物の噛み合わせを調整し、接着していきます。

ほとんどの場合はかぶせ物になりますが、まれに前歯では大きく削らずに神経を取る処置が出来ることがある為、歯の後ろからプラスチックの樹脂で詰めて終わることがあります。

ただし栄養供給のされない歯は時間の経過と共に黒く変色する為見た目に問題が出ます。

神経をとるデメリットとは?

まず一つ目は先ほどから何度か出てきましたが、神経は歯に血液や栄養を送っています。

それが供給されなければどうなるでしょう?

神経を取る=歯の命が絶たれる」 ことと言っても過言ではありません。

もちろん歯の形自体は残りますが、とてももろくなってしまいます。

もろくなってしまった歯は食いしばりや歯ぎしりなど、過度の負担がかかると割れてしまうこともあります。

二つ目は二次的な虫歯に気づきにくいことです。

かぶせを入れると段差に汚れが溜まりやすく、虫歯リスクが高くなってしまいます。

しかし、たとえ虫歯になっても神経が無いので痛みが出ず気が付きません

こうして内部でどんどん虫歯は進行していきます。

そして気づいた時にはかぶせの中は空洞状態。

最悪のケースだと抜くしかなくなってしまうこともあるのです。

三つ目は再感染のリスクです。

歯髄腔はキレイにお掃除し無菌状態で封鎖していますがやはり人工物ですので、菌が入り込み感染を起こすと根っこの先で膿の袋を作ることがあります。

こうなるとかぶせを外し、再度根管治療が必要となります。

女性
女性
神経を取るメリットはないんですね・・・
桐谷
桐谷
そうですね・・・

メリットを挙げるとするなら、痛みからの解放

それから感染を食い止めることで菌が骨まで到達するのを未然に防ぐこと。

でしょうか。

いづれにしても歯の神経は残せるなら残した方がいい

これは確かです。

歯の寿命に関わることですから・・・

女性
女性
もう神経を取ってしまった歯があるんだけどどうしよう!?

そんなあなたは定期的な歯科医院でのチェックと虫歯予防をしっかり行って下さい。

男性
男性
痛みもないし大丈夫でしょ?

なんて言わないで下さいね。

桐谷
桐谷
神経の無い歯がある人こそこまめに受診して頂きたいです。

そうすれば些細な変化にも気づけますので、早めの対処が出来ます。

神経を取っていてもご自身の歯には変わりありません。

歯の寿命を延ばす為にも大事にしていきましょうね!