Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
歯周病

歯周病治療には時間がかかる?痛みは?治療前に知っておきたいこと

歯周病治療には時間がかかる?痛みは?治療前に知っておきたいこと
桐谷助手
桐谷助手

こんにちは!

今日は歯科衛生士である私が歯周病治療についてよく受ける質問をまとめてみました!

男性
男性

なんだか最近歯ぐきが腫れているような・・・歯周病なのかな?

でも歯医者に行くの怖いんですよね。

治療痛そうだし・・・とりあえすはみがき頑張れば治るかな?

桐谷助手
桐谷助手

行きたくない気持ちはわかります!

でもその自己判断はあとあと後悔することになるかも!

早めの受診がおすすめです。

歯周病の原因と治療の流れを説明していきますね。

歯周病とは?

歯周病とは?

文字通り歯の周りの病気のことで、細菌感染によって引き起こされます。

磨き残しになったプラーク(歯垢)の中に潜んでいる細菌が歯ぐきの炎症を引き起こし、歯の周りの組織を破壊しながら進行していく怖い病気なのです。

日本人の30代以上の方であれば8割以上が歯周病に感染していると言われ、世界で最も感染者の多い病気としてギネスにも認定されています。

しかし日本ではまだ認知度が低く、予防の為に通われている方が少ないのが現状です。

虫歯であれば歯自体に穴が開いたり色が変色してくるので分かりやすく、痛みも伴うので受診される方が多いですが、歯周病は初期の場合歯ぐきが少し赤みを帯びる程度で痛みもほとんどありません。

この時点で治療すればすぐに良くなりますが、なんせほとんど症状もありませんので来院される方は少ないです。

しかし放置しているとじわじわと目には見えない部分で進行していき、症状が出たときにはかなり進行していることが多いのです。

歯周病は進行すると歯を支えている骨を溶かしていきますので、最悪の場合抜歯という選択肢しか出来なくなってしまいます。

私は毎食後はみがきをしているから大丈夫!と思われる方もおられるでしょうが、完璧にプラークを除去するというのは衛生士である私であっても難しいことです。

やはり歯科医院での定期的なクリーニングで機械的に除去するということが必要なのです。

治療の内容と期間は?

歯周病の治療の内容と期間は?
男性
男性
どんなことをするんだろう?
痛いのかな?

治療の内容としては炎症の原因となっている歯垢・歯石の除去です。

主に超音波スケーラーという機械や、キュレットと呼ばれる専用の器具を使って歯ブラシでは取れなくなった歯垢・歯石を除去していきます。

軽度の炎症であればほとんど痛みはなく(個人差はあります)、一回で取り終わることも可能です。

しかし長年放置されていた場合、歯石が歯周ポケットの奥深いところで強固についていることが多く炎症の状態もひどくなっていますので、取りきるまでに時間と回数がかかることが予測されます。

痛みに関しては個人差が大きいですが、もし痛みが強いようであれば麻酔をして取ることも可能ですので衛生士さんや、先生に相談してみて下さい。

怖い気持ちはよく分かりますが、固くなってしまった歯石は自分で取ることは出来ませんし、放っておいてよくなることはありません。

早めに治療されるのが一番痛みも少なく、通う回数、費用も安く済むのです。

治療すれば治る?

歯周病は治療すれば治る?

最初の章でも出てきましたが、歯周病は感染症です。

一度感染すると、歯周病菌を完全にゼロにすることは今の日本の保険治療では難しいです。

ですから、「完治」という言い方は難しく「進行を止めることは出来る」という言い方になるかと思います。

どれだけ早く治療し、進行しないようにしていくかが大切なのです。

治療が終わったらそこで終了ということでなく、定期的なクリーニングで自分では取り切れなかった歯垢・歯石を除去するというのが進行予防をするということにつながります。

定期的なクリーニングは歯周病の進行度合いによって個人差がありますが、症状もなく安定されている方であれば3か月~6か月に一回くらいが目安でしょう。

しかし基本の進行予防はご自宅でのケアになりますので、ご自身にあった歯磨き粉・歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの道具を選び効果的な使い方をしましょう。

桐谷助手
桐谷助手
分からない方は衛生士さんに相談して下さいね!

いかがでしたか?

少しでもお役にたてたでしょうか?

今何も症状がなくてもぜひ歯科医院には行って下さい。

歯科は悪くなってから行く所ではなく、悪くならないように予防するところ・健康になる所だと思ってぜひ好きになって頂きたいと思います!