Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
虫歯

虫歯は初期なら削らない方がいい?!初期虫歯の治し方はある?

こんにちは♪桐谷です!

今日のテーマは初期虫歯です。

虫歯なら早く治した方がいいんじゃないの?

虫歯になったら治らないのでは?

普通はそう思いますよね。

確かに穴が開いてしまった歯は元に戻すことは出来ません。

早めに治療した方がいいでしょう。

しかし脱灰(初期虫歯)と呼ばれる歯の表面が少し溶け出した状態であればまだ元に戻せる可能性もあるのです。

今日はここを詳しくご説明しますね!

虫歯はなぜ出来る?脱灰とは?

男性
男性
甘いものを食べたら出来るんでしょ?
女性
女性
歯磨きをしなかったからですよね?

どちらも正解です。

しかし甘いものを食べ、歯磨きを適当にしているのに虫歯が出来にくい人がいることも事実なのです。

1人1人持っているお口の中の菌の種類歯の質唾液の質や量は異なります。

それによって虫歯になりやすい、なりにくいは変わってきます。

お口の中に食べ物が入ってくるとミュータンス菌という虫歯菌は糖分を食べ、ネバネバした汚れを作り出し歯に付着させます。

このネバネバした汚れの中で酸を作り出す菌が繁殖した物がプラークです。

プラークとは歯の表面を爪などでひっかくとついてくる白い汚れのことです。

このプラークの中には1グラムあたり約2500億もの菌が住んでいると言われています。

このプラークが歯の表面から長時間取り除かれずにいると歯の表面が溶け出してくるのです。

これを脱灰(初期虫歯)といいます。

脱灰すると目で見える変化としては、歯の表面が透明感のない白さが表面に出てきます。

白くなってから早い段階で対処すれば元に戻せる可能性も。

しかし放置し脱灰がさらに進んでいくと歯に穴があいていくのです。

虫歯の進行の仕方について詳しくはこちらの記事をどうぞ!

⇒⇒本当に怖い虫歯の話!!

脱灰と再石灰化

先ほど脱灰について説明しましたが、実は私たちの口の中ではご飯や間食をするたびに脱灰再石灰化が繰り返されています。

再石化というのは溶け出した歯のミネラルカルシウムが再び歯に沈着し修復されることです。

つまり脱灰しても再石灰化すれば虫歯の進行は止まり、元に戻すことが出来るのです。

もちろん脱灰の程度が大きいと元通りにはならないことはあります。

しかし元に歯戻らなくても進行さえ止まれば治療はしなくて済みます。

治療しないといけない虫歯にしてしまうのか、進行を止めて健全歯として保てるかの境界線はここにあります。

再石灰化促進のさせ方については後程ご説明しますね。

次のトピックではなぜ虫歯にしてはいけないのか、治療しない方がいい理由についてお話していきます。

虫歯治療をしない方がいい理由

もちろん穴の開いてしまった歯の治療は早めにした方がいいのは言うまでもありません。

しかし虫歯治療をするということは人工物が入るということです。

もちろん極力段差のなくなるように先生方はキレイに入れてくれますが、全く無くというのは現在の治療法では出来ません。

目に見えないくらいの段差や隙間ですがそこに虫歯菌は入り込み、また虫歯を作ってしまうのです。

これを二次カリエス(虫歯)といいます。(治療後に出来る虫歯のこと)

頑張って磨いていたのに虫歯になってしまった経験のある方。

もしかしたらその歯は以前治療したことのある歯ではなかったでしょうか。

私は日々沢山の患者さんのお口の中を見ていますが、ある程度キレイに歯磨きされていて、しっかりメインテナンスに通って頂いている方というのはほとんど新しい虫歯を作ることはありません。

しかし二次カリエスになってしまうケースは少なくないのです。

桐谷
桐谷
二次カリエスの何がいけないのかというと・・・

以前治療したことがあるということはもう削られたことがあるということですよね?

その歯がまた虫歯になればさらに歯は削られ、神経に近づきます。

あるいは神経まで到達してしまうかもしれません。

神経まで到達してしまった場合、神経を取る処置が必要になります。

神経を取った歯はもろくなり寿命が短くなってしまいます。

また虫歯になってしまったとしても痛みが出ないので、気づいた時には被せ物の中で歯がボロボロになってしまっていて、抜かなくてはいけないケースすらあるのです。

桐谷
桐谷
始まりは小さな虫歯だったのに、こんな結末を迎えることがあるなんて皆さんあまり想像しないですよね。

私たちが口をすっぱくして「虫歯を作らないようにしましょう!」という理由はここにあります。

初期虫歯ならなるべく治療をせず進行を止めて天然の状態で残した方がいいことが分かって頂けたでしょうか?

再石灰化を促進させる方法

まずは自分の持っている力を最大限使いましょう。

それはツバ(唾液)のもつ働きです。

唾液の中にはカルシウムリンなど歯の成分が含まれているので、唾液が沢山出れば再石灰化の促進をしてくれます。

食事はよく噛んで食べましょう。

そして食後にキシリトールガムを噛むのもオススメです。

また唾液にはもう一つ虫歯予防になくてはならない機能があります。

それが緩衝能といい、食後酸性に傾いた口内を中性に戻してくれる働きです。

緩衝能は誰にも備わっている働きですが、人によってこの働きが強い・弱いはあります。

短時間で中性に戻せる人もいれば、長時間かかる人もいます。

桐谷
桐谷
これは歯科医院で簡単に調べることが出来ますよ。

例えばあなたの緩衝能が弱かったとします。

酸性に傾いた口内を中性に戻すのに時間がかかるのに、間食を度々すればどうなるでしょうか?

口の中はずっと酸性のままですよね。

これでは虫歯になってしまいます。

なるべく間食は控え、だらだら時間をかけて食べるのはやめましょう。

食べ方に気をつけたら次は歯磨きです。

歯ブラシだけでなくフロス歯間ブラシも使ってプラークをしっかり除去しましょう。

桐谷
桐谷
歯磨き粉を選ぶポイントはフッ素濃度

フッ素には歯を酸から守る働きや再石灰化を促進してくれる働きがあります。

現在日本で私たちが購入できるフッ素含有歯磨剤で一番濃度の高いものは1500ppm

ppmというのがフッ素濃度を示す表記なので探してみて下さい。

小学生以下のお子さんであれば1000ppm以下のものでいいと思います。

最近はフッ素+ミネラルの入った歯磨き粉も出てきました。

ミネラルというのは歯の成分の一つなので、脱灰してしまった歯質を修復してくれるのでオススメです。

既に脱灰してしまった歯にはミネラルパックが出来るような歯磨き粉もありますよ。

そして最後は歯科医院での定期的なクリーニングと高濃度フッ素塗布

いくら長時間磨いていても取り切れていない汚れというのは必ずあります。

それをキレイに取り除き高濃度なフッ素を塗ることで歯の再石灰化を促進させるとともに酸に負けない歯をつくることが出来ます。

歯科医院で塗るフッ素の濃度は9000ppm

桐谷
桐谷
お家で使うものとは全然違いますね。

まずは自分のお口の中に脱灰してしまった歯があるのかどうか。

どこを注意すればいいのか、自分にあったお掃除の仕方や歯磨き粉はどんなものかを歯医者さんで聞いてみてください。

緩衝能も調べられるなら調べておくと自分のリスク把握に役立ちます。

知っていると知らないとでは大違い!

桐谷
桐谷
治療ゼロを目指して一緒に頑張りましょう!!